2014年3月20日 星期四

[新聞] [03/03]《花子與安妮》第一周劇集完成見面會,官網開通、[新聞] [03/18]吉高和杏出席晨間劇《花子とアン》交接 <未翻譯>、吉高由里子が杏に詫び「朝ドラ楽だと」

去年曾經說過,吉高由里子會為NHK演的2014春季晨間劇。
【花子與安妮】(花子とアン),3月31日終於首播了!




----------------------------

以下引用自 吉高由里子 中文應援會 的 吉由会理事 小朱拓哉 轉載 富江 翻譯




poster.jpg   

官网:http://www.nhk.or.jp/hanako/

女優・吉高由里子主演で3月31日にスタートするNHK朝のテレビ小説「花子とアン」(午前8時~ほか)の第1週(6話)の完成試写会が3月3日、東京・渋谷区の同局で行われた。

女演員吉高由里子主演的3月31日開播晨間劇小說《花子與安妮》(上午八點開始)第一周劇集(六話)的完成見面會於3月3日在東京涉谷同局舉行。

「赤毛のアン」の翻訳者として知られる村岡花子(旧姓安東はな)さんが、夫や家族、友人たちに支えられながら、関東大震災や第二次世界大戦などの苦難にも負けずに名声を得ていく姿を描く人間ドラマ。第1週は、はな(花子)の少女時代(山田望叶)でほとんど出演シーンがないため、吉高は「客観的に見られ、安東家の人たちがずっとそこにいるような感じがした。これから家族の一員として溶け込めるか不安もあるけれど楽しみです」と笑顔を見せた。

作为《红发的安妮》的译者为大家所知的村岡花子(旧姓安东花子)在丈夫、家族、朋友们的支持下,描绘出了一部情节不输给关东大地震和二战等苦难的能打动人心的电视剧,获得了很高的名声。第一周剧集大部分是少女时代的花子(山田望叶饰),吉高笑着说[客观的来看,安东家的人们好像一直都在那里的感觉,想到接下来要融入这个家族,并成为这个家族一员,有些不安但是很期待]。

 吉高が本格的に登場するのは、10歳で山梨から東京の女学校に編入してから5年後となる第3週から。撮影は昨年10月末から始まっているが、「タイトルバックの自分を見て、もっと実感が沸かなくなった。もともと朝ドラは似合わないと思っていたので、ちゃんと成立させてくれる技術が素晴らしい。あと、NHKは会見が多いので、終わる頃にはもうちょっと(対応が)うまくなっていることが目標」と、演技以外の部分を強調して感想を述べた。


吉高的正式登場是在十歲的時候從山梨到東京女子學校之後的五年,是第三週劇集。拍攝從去年十月底開始,[看見劇中的自己,覺得更加的不真實。我覺得晨間劇本來就與之前演過的作品不太一樣,所以要好好磨練自己的技術。還有就是NHK看的多了,結束的時候要處理的更加好,這是我的目標],吉高發表了感想,強調了演技以外的部分。


 はなの父・安東吉平を演じる伊原剛志も、冒頭は実年齢より若い設定だが「僕も朝ドラは似合わないからどうしようと思っていたが、今のところはとてもさわやかな明るいお父さんになっている」と自画自賛。吉高については、「今は色気があるが、娘の時は封印している。いとおしくて、いつもよしよしと触っていたくなる。それだと変なおじさんになってしまうけれど、変な男が来たら僕がいかないとという気持ちになっている」と“愛娘”にベタぼれの様子だ。

花子的父親•安東吉平的飾演者伊原剛志先生,對於劇中比自己實際年齡小的設定也自賣自誇地說道[我當時覺得自己不適合演晨間劇,還在想著怎麼辦,而現在已經可以熟練的演繹爽快開朗的父親啦]。吉高接著說[今天氣色不錯,小時候的事情還封印著呢。想起來覺得非常的可愛,父親總是“真乖真乖”地撫摸著我。雖然父親已經不再那麼做了,但奇怪的男人來的時候,他總是有一種“我不准你這麼做”的感覺在呢],就像“掌上明珠”那樣。


 母・ふじに扮する室井も、「現場があっちこっちするけれど、吉高ちゃんのこれからが本当に楽しみ」と期待を込めた。取材陣からも、撮影が折り返しを迎えた今の心境を問われたが、吉高は「全然、折り返していないよという気持ち」と苦笑い。それでも、「ペースに慣れてきたというか、麻ひしてきたというか、人って超越するものなんですね。現場に恋しようと思い、そうすれば楽しくなったり疲れを忘れたりするんじゃないかという気持ちの努力はしています。そういう方向性で」と“吉高節”で抱負を語っていた。


母親•安東藤的飾演者室井小姐也以期待的語氣說[雖然在現場東奔西走,但我非常期待吉高醬的未來]。採訪者們問到吉高此時從拍攝的地點折回來開見面會的心情如何,吉高苦笑著說[是完全就不想回來的心情]。儘管如此,[習慣了自己的步調也好,覺得麻痺了也好,人是一種能不斷超越自己的生物呢。我想像著自己在跟現場談戀愛,就樣一來的話就能變的愉快,完全忘記疲勞,以這種心情去努力。就是朝著這一方向而努力著。 ]吉高用“吉高節”述說著自己的抱負。

  

  

  

  

  

  




----------------------------

以下引用自 吉高由里子 中文應援會 的 吉由会理事 小朱拓哉 轉載

[新聞] [03/18]吉高和杏出席晨間劇交接

<未翻譯>



まもなく最終回を迎えるNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」ヒロインの杏と、その後に放送が始まる「花子とアン」の吉高由里子が出席して3月18日、恒例の“ヒロイン・バトンタッチ”セレモニーが行われた。

「ごちそうさん」はこの日の前日までの平均視聴率が関東で22.4%、関西で21.7%という高い水準をキープ。3月29日に最終回を迎えるが、杏は前日にちょうど最終回をひと足先に見たという。一方、「花子とアン」は撮影の真っただ中。すでに花子の女学校時代が終了し、甲府に戻っての教師生活が始まった頃を撮影中だという。

 花束の交換に続いて恒例のプレゼント交換では、杏は瑞々しい大粒のいちごをプレゼント。「ごちそうさん」の第1週のタイトルが「いちご一会」であり、杏が演じた食いしん坊のめ以子が初めて人に食べさせたいと思ったのが、当時の日本ではまだ珍しかったいちご。結婚し大阪に行ってからもことあるごとにめ以子を励ます食べ物として登場する。杏は「(劇中の)時代を見続けてきたいちごです。戦争で食べられなくなったこともあったし、それでも手に入れて食べることがあったりと、メッセージを持っています。ビタミンがあるので、これで風邪を引かずに乗り切って!」とエールと共に手渡した。吉高はパクリといちごをほおばり満面の笑みを浮かべた。

 吉高からは読書家で知られる杏にブックカバーを贈呈した。「花子とアン」の舞台の山梨に古くから伝わる伝統工芸で鹿革に漆をつけて加工した「甲州印傳(こうしゅういんでん)」の生地を表に、裏には「甲斐絹(かいき)」という山梨で作られた絹織物を使用しており、栞にも山梨特産の水晶が使われた“メイドイン山梨”のプレゼント。吉高は「台本以外にもたくさんを本を持ち歩いてる杏ちゃんに使ってもらえたら」とニッコリ。2人は昨年公開の映画「真夏の方程式」でも共演しており、この日も抱き合って再会を喜んでいたという。吉高は「終わったら、ご飯行きましょう!」と声をかけていた。

 杏は昨年、社会現象を巻き起こした「あまちゃん」の後を引き継ぐ形で、周囲からのプレッシャーと期待の中でヒロインを務めあげたが「半年前は終わることが想像できなくて『“杏からアンへ”とか言われるんだろうな』とか思ってましたが、実際に不思議な気持ちです」と心境を語る。

 逆に吉高は「あと2週間で始まる実感がない(笑)」と語るが、杏からのエールとプレゼントを受け取り「いいスタートが切れるのではとワクワクします」と意気込みを口にしていた。

 「ごちそうさん」最終回は3月29日放送。「花子とアン」は3月31日放送開始。

小吃货接棒吃货剧~~










----------------------------

吉高由里子が杏に詫び「朝ドラ楽だと」

吉高由里子が杏に詫び「朝ドラ楽だと」
朝ドラのバトンタッチセレモニーに臨む吉高由里子(左)と杏(撮影・柴田隆二)

NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」のヒロイン杏(27)と次期朝ドラ「花子とアン」(31日スタート、月~土曜午前8時)の吉高由里子(25)が18日、横浜市内で、ヒロインのバトンタッチ式を行った。杏は「ゆりちゃんなら明るく、最後までひょうひょうと乗り切ると思う。終わったら、おいしいご飯とお酒を用意して待っています」と激励した。一方、吉高は、自分が主役と決まる前に杏と会ったエピソードを紹介。吉高は「当時は朝ドラは楽だと思っていて、人ごとのように頑張ってと言ってしまった。みくびってすいません」とわびていた。「花子とアン」の主人公の実家は貧しい設定。吉高は「貧乏でごちそうがない。『ごちそうさん』の食べ物を回して」と頼んでいた。
 [2014年3月19日6時55分 紙面から]


NHK asadora ' your feast 180 ' of heroine Anne (27) and next and Anne Amy morning Dora ( 31 start, Monday-Saturday 8:00 ) of Yoshida Yuriko (25), 18, went exogenous expression of heroine in Yokohama city. Kyou ' Yuri-Chan if brighter, until the end...


----------------------------




十分支持吉高的演出,好像是有幾百集之多!